治験コーディネーターへの転職! 〜看護師・薬剤師・臨床検査技師〜

 

 

 

 

 

 

 

 治験コーディネーターとは、薬の開発に際し実施される臨床試験(治験)全般をサポートする仕事です。
 製薬会社、医療機関、治験協力者のパイプ役となって、様々な調整を行う役割を果たします。

 

 

 治験コーディネーターの仕事は、新薬を世の中に送り出すための重要な役割を担う仕事であり、
 もちろん、医薬的な知識は必要ではありますが、何よりも治験協力者に対して、
 精神的なケアを行うのに必要な、コミュニケーション能力も不可欠であります。

 

 

 

 

  ・説明
  ・同意
  ・体調管理
  ・精神的なケア
  ・投薬
  ・通院スケジュールの調整等
  ・治験チーム内の調整
  ・治験データの収集や管理
  ・報告書の作成

 

 

 

 

 治験コーディネーターは、こういった事務的な仕事も行います。

 

 

 治験コーディネーターに興味のある方は、まずは、TVCM等でお馴染の、転職サポート、
 【マイナビ】 に、下記のリンクから登録して、非公開求人情報を、ご覧になってみてください。
 きっと、あなたの希望の条件に合った、求人情報を得ることができると思います。

 

 

 転職サポートは、もちろん、”完全に無料” ですし、登録して求人情報をもらったとても、
 すぐに転職する必要はありませんし、気が進まなければ、断っていただいて、結構です。
 まずは、登録された方のみ見ることができる、非公開求人情報を、お受け取りください!
 (ただし、登録された場合は、きちんと連絡を取りましょう!)

 

 

 

 

 

 

治験コーディネーター|マイナビ看護師(有資格者の方のみ)

 治験コーディネーターは、治験協力者の方とのコミュニケーションは必要不可欠です。
 この点では、看護師として勤務した経験がある方は、治験コーディネーターに最適だと言われます。
 さらに、症状に関する知識も豊富で、治験協力者の変化に敏感な点でも、重宝されます。

 

 

 

 

治験コーディネーター|マイナビ薬剤師(有資格者の方のみ)

 様々な薬の基本的な知識(名称、用法、作用機序等)のある薬剤師の方は、
 新薬に対しての理解度もよく、行われる治験についても把握しやすいと言われます。
 さらに、薬の知識があることで、薬剤部との調整などでも、重宝されます。

 

 

 

 

治験コーディネーター|マイナビエージェントは(臨床検査技師)

 臨床検査技師の方は、検査値が変動したり、異常な数値への見識があるので、
 こういった場合には、医師に対して迅速に報告をすることができます。
 さらに、生理検査等の経験は、治験協力者を安心させるのに秀でており、重宝されます。
 (看護師などの、資格をお持ちでない方も、こちらからご登録ください!)

 

 

 

 

 

治験コーディネーターになるには

 

 

 

 

 

 

 

 

 治験コーディネーターになるために、特別な資格は必要ありませんが、
 ”看護師・薬剤師・臨床検査技師” などの資格を持っていると、転職には有利です。

 

 

 治験業務を行っている企業で(社員として)勤務して医療機関へ派遣される場合と、
 医療機関に勤務して常駐する2パターンが、治験コーディネーターとしての一般的な働き方です。

 

 

 また、治験コーディネーターのレベルアップのために関連団体が行っている、
 『治験コーディネーター認定試験』 を受けることも推進されています。

 

 

 看護師さんや、薬剤師さんが治験コーディネーターへ転職する際は、
 ”○○師転職サポート” といった、資格ごとの専門の転職サービスを利用するのが一般的です。
 (当サイトでご紹介の、【マイナビ薬剤師】 など)

 

 

 

 

 

 

マイナビでは、治験コーディネーターの求人だけでなく、”臨床検査モニター” の求人も扱っています!